馬渕英俚可はGTOにでていた。白線流しでの酒井美紀と写真や「娼年」での放尿シーンが話題に

馬渕英俚可がGTOの出演

「馬渕英俚可がGTO」の画像検索結果

【内山田好子役】

馬渕英里何はドラマ「GTO」に出演していたあの人とあの人!その他の代表作は?

馬渕英里何は、1998年に放送されたフジテレビ系のドラマ「GTO」に、中尾彬演じる権威に弱く部下には横柄な内山田教頭の娘・内山田好子役で出演しています。

内山田好子と言えば、反町隆史演じる主人公・鬼塚栄吉に恋心を抱いて詰め寄るコミカルな役柄。馬渕英里何のコメディアンヌぶりがいかんなく発揮された作品となりました。
好評のうちに放映を終えた反町版の初代「GTO」ですが、なんと、2014年に放送されたEXILEのAKIRA主演の新ドラマ「GTO」第2シーズンでは、馬渕英里何が、養護教論・野上多恵子役として再び登場。

内山田好子が鬼塚先生を追うように教諭になったと考えた方もいたかもしれませんが、まったく違う役柄として出演しています。

 

 

スポンサードサーチ

馬渕英俚可が白線流しで共演した酒井美紀とのツーショット写真が話題に

酒井美紀が馬渕英里何とのツーショット写真をブログに更新

「酒井美紀が馬渕英里何」の画像検索結果

酒井美紀、『白線流し』共演・馬渕英里何と再会 懐かし2ショットにファン感激

女優の酒井美紀が8日、懐かしのドラマ『白線流し』の共演者である馬渕英里何と数年ぶりに再会したことを、ブログで明かした。酒井は「なんかものすごくうれしかった!かわらない美しさと、見守ってくれるような安心感。きっと園子も、冬美にあったらこんな気持ちだろうなぁっ」と喜びを綴っている。

「白線流しの冬美と~☆」とのタイトルで更新したブログで酒井は、馬渕と笑顔で写るツーショットを公開。「えりかちゃんと一緒にお芝居する機会がなくて~。でも、こうして撮影先で再会できて、うれしかったぁ」と異なる作品の撮影で会うことができたそうだ。

さらに酒井は「白線流しの作品も、白線流しのメンバーも私にとっては本当に特別な存在!渉さんも、園子も、冬美も、まどかも、しんちゃんも、長谷部くんも、かやのさんも、どうしてるかなぁ?」と思いを巡らせている。

この投稿には、「懐かしいなぁ~!私も見てた~」「白線流し大好きでしたぁ。大人になったその後を見たいですね」「あの頃のキラキラした毎日を懐かしく思います」「酒井さんのblogに綴った想いが懐かしさと共に心に響きます」「私の青春時代の1ページです」と、当時放送を観ていたファンの声が寄せられた。

『白線ながし』はフジテレビ系列の「木曜劇場」枠にて1996年に放送されたヒューマンドラマ。松本市の高校を舞台に、卒業間近の3年生を中心とした男女7人の青春物語を描き、長瀬智也(TOKIO)、そして酒井、馬渕ほか、京野ことみ、柏原崇らが出演した。

https://news.merumo.ne.jp/article/genre/3941858

 

馬渕英里何もブログに更新

『まぶちんぐ。』馬渕英里何☆公式ブログ

2016年01月06日
再会

本年最初の撮影初日。
酒井美紀ちゃんに会ったーー!
お互いいつぶりかも思い出せない。
変わらない明るさと愛らしさ。自分が持っていない美しさに充ち満ちた彼女は『白線流し』で出会った10代の頃から、憧れの存在だ。
残念ながら同じ回ではないから、同じシーンはないけれど、嬉しい再会を果たした、なんだかめでたい仕事初めとなりまし。

http://blog.livedoor.jp/mabuchinco/archives/65850285.html

 

 

馬渕英俚可が「娼年」でお漏らし女優に!?

「馬渕英俚可 娼年」の画像検索結果

女優の馬渕英里何が7日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた主演映画『娼年』(2018年4月6日公開)の公開記念舞台挨拶に、松坂桃李、真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太、桜井ユキ、三浦大輔監督とともに登場した。

同作は石田衣良による同名小説を映画化。無気力な大学生・森中領(松坂)は会員制ボーイズクラブ「パッション」で「娼夫」となり、女性の欲望を引き出していく。2016年8月には松坂主演、三浦大輔演出で舞台化され、当日券を求める人々で長蛇の列となった。馬渕はリョウを買う女性・イツキを演じる。

観客に衝撃を与えた放尿シーンに、馬渕は「見ての通り、お漏らし女優です」と晴れやかな表情で言い放ち、会場の爆笑を誘う。試写で観たときには「爆笑と、なぜか涙が」と同作の魅力を振り返った。

また冨手は「日本ではセックスレスとか不倫とか、性にまつわることで暗い話題が多いので、この映画で日本自体が変わるんじゃないか」と熱弁。三浦監督は「過激な作品だとは思います」と語りつつも、「普段こういう作品に拒否反応を示している方にも楽しんでもらえるように、セックス・エンタテインメント作品という新しいジャンルを作ろうとしてやってきたし、そうなったと自負しています」と自信を見せる。「ちょっとでも、娼年というものが、映画界に爪痕を残せたら、もっといろいろ面白くなるんじゃないかな」と今後への期待を明かした。

https://news.mynavi.jp/article/20180407-613042/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です